グルメ・ラーメン

ラーメン総選挙、殿堂入り!!喜多方ラーメン「喜一」の紹介【感想、メニュー、駐車場、混雑具合など】

こんにちは、ペプシです!

福島県のラーメンNo.1を決めるテレビ番組「福島県民ラーメン総選挙」。

そのラーメン総選挙で2018年、2019年に2年連続で優勝し殿堂入りを果たした超有名店「喜一」の紹介をしたいと思います

店舗情報

  • 住所:〒966-0015 喜多方市関柴町上高額境田635-7
  • 電話:0241-24-2480
  • 営業時間:9~14時 スープがなくなり次第終了(以前は夏季は7時からの営業でしたが現在は通年9時からとなっています)
  • 定休日:日曜日
  • 駐車場:8台

店内の様子・座席数

店内はきれいでおしゃれ!

座席は6人掛けテーブル席が3つとカウンター席が10席あります

ちなみに、箸は割り箸ではなく、つまようじは会計のところにおいてあります

なお、以下の中庭(?)的なところが喫煙スペースとなっています

メニュー

メニューは以下のようになっています。

熟成しょうゆラーメン 500円

熟成しょうゆチャーシューメン 850円

昭和の香り(煮干し) 600円

Sio(塩)ラーメン 500円

Sio(塩)チャーシューメン 850円

日本海藻塩ラーメン 600円

日本海藻塩チャーシューメン 950円

赤魂(辛味噌付き塩ラーメン) 700円

熟成味噌ラーメン 750円

熟成味噌チャーシューメン 1100円

喜びの一杯(2杯分の特製醤油チャーシューメン) 1450円

※値段は普通盛り(税抜き)

テレビで何度も紹介されている定番のSio(塩)ラーメンは驚きの500円(税抜)!

他にも藻塩ラーメン赤魂ラーメンが人気です

それぞれ普通盛りの他に大盛と特盛があります

なお、「赤魂」は30食限定、「喜びの一杯」は10食限定となっています

夏は平日期間限定メニュー「水ラーメン」があります(まだたべてないのでいつか食べてみたいとおもいます(*^^)v

感想

左が普通盛り、右が特盛

私は赤魂の普通盛り、連れのクーパーは赤魂の特盛を注文!!

以前、大盛を頼んだとき、器が普通盛と同じ大きさでスープが少なく麺が泳げなかったので、普通盛りか特盛がいいかとおもいます

今回注文した赤魂とは「毎日限定30食」の辛味噌つき塩ラーメンで地元の人に愛されています

他のラーメンと違って赤魂のチャーシューは分厚く長いベーコンのような見た目で、柔らかくジューシーで食べ応え抜群!!

ねぎは白髪ねぎ、メンマは細目です

麺は全メニュー共通の手もみ平打ち麺でコシがあります

赤魂は2種類の違う味を楽しめて面白いですよ!

まず、赤魂(辛味噌)をスープに溶かさず、そのまま塩ラーメンとしていただきます

ここの塩ラーメンは「福島県民ラーメン総選挙」で殿堂入りしただけあって味は間違いなし!!

その後、赤魂(辛味噌)を溶かしていただきます

赤魂は味噌と唐辛子がベースなので、溶かした途端にピリ辛味噌ラーメンに変身します

喜一はSio(塩)ラーメンが有名ですが、私のイチオシはなんといっても赤魂です!!

ちなみに・・・

混雑具合について

テレビで何度も紹介されている有名店なので、常に行列ができています。

・月曜日の10時半ころ

駐車場は満車だったので店内の予約表に名前を書き込み、車の中で待機。私たちは5組目に呼ばれたのですが、名前を書いてから呼ばれるまで約15分でした

・別の日の月曜日10時ころ(夏休み中)

駐車場はまたまた満車で、約10組待ち。あまりの待ち時間に諦めて帰る人もたくさんいました。結局、名前を書いてから約1時間後に呼ばれました

お土産

おみやげ用のラーメンも売っています

  • 「喜一の朝ラー」4食入り(醤油2、塩2)1296円(税込み)
  • 「昭和の香り」4食入り(煮干し醤油4)1512円(税込み)

店名の由来

「喜一」の店名は店主の祖父母、喜一郎からとった名前。

喜一郎はあの有名な野口英世と勉学を共にし、よきライバルだったそうです

満喜について

喜一の店主の息子が経営するラーメン店「満喜」も同じ喜多方市内にあります

満喜については以下の記事にまとめましたので是非ご覧ください

「喜一」周辺の美味しい喜多方ラーメン店

喜多方市内にある有名なラーメン店、オススメのラーメン店は以下の記事にまとめました。

ぜひぜひご覧ください!!