グルメ・ラーメン

ラーメン屋だけど焼き鳥も美味しい!会津のラーメン屋「うえんで」(本店)の紹介

こんにちは、ペプシです。

今回は、福島県民ラーメン総選挙2020で紹介されたラーメン屋「うえんで」さんの紹介です。

昔ながらの「中華そば」や透き通ったスープの「会津山塩ラーメン」も美味しいですが、「焼き鳥」や「手作り餃子」を求めて来店するお客さんも多いですよ。

店舗情報

  • 住所:会津若松市大戸町上三寄大豆田11-3
  • 電話:0242-92-3253
  • 営業時間:9時~15時(ラストオーダー14時45分)(品切れ次第終了)【ホームページ参照】
  • 営業時間:平日9時~15時、17時~19時 土日祝日8時~品切れ次第終了(1月~2月は営業時間を変更する場合があります)【メニュー参照】
  • 定休日:火曜日
  • 営業時間、定休日→要確認
  • 駐車場:約20台(お店の前に約10台、道路挟んで少し離れた場所に約10台)

店内の様子

2015年にリニューアルされた店内はとても綺麗で、落ち着いた雰囲気です。

席は、カウンター席が4、5席と、2人掛けテーブル席が5つ、小上がりが6人掛けで3つです。

メニュー

麺は普通麺(中太縮れ麺)と手打ち麺(極太縮れ麺)が選べます。

「焼き鳥」(タレ・塩)と「手作り餃子」は、ファンが多くお持ち帰りもできます。(混雑時はお持ち帰りの注文をお断りする場合があるとのことです)

感想

会津山塩ラーメン(普通麺)
焼き鳥(塩)

今回は「会津山塩ラーメン」の普通麺と、「焼き鳥」の塩を注文。

希少な北塩原村産の会津山塩を使用した「会津山塩ラーメン」は絶品です。クリアなスープの出汁は、国産豚のゲンコツ、会津地鶏の鶏ガラ、煮干し、香味野菜などで、旨味たっぷり!そこに、会津山塩ベースの塩ダレが加わり、まろやかな塩味のトゲのない優しいスープに仕上がっています。

特製ダレに漬け込み、長時間煮込んだ豚バラチャーシューは、とてもやわらかいです。

人気の「焼き鳥」は、豚のカシラ肉を使用。とても柔らかく、ジューシーで、やみつきになります。注文は3本からで、大きめです。

野菜が、たくさん入った「手作り餃子」も人気です。

2号店

2019年4月に「うえんで」(山鹿店)がオープン!

店主は、創業者のお孫さんで、父と共に本店を継がれていた方です。市の中心部にあるので行きやすいですね。新メニューの開発にも意欲的な方らしく、今後も目が離せません。

  • 住所:会津若松市西栄町2-17
  • 電話:0242-36-5078
  • 営業時間:9時~15時(ラストオーダー14時45分)品切れ次第終了
  • 定休日:火曜日
  • 駐車場:11台
  • 席:カウンター17席
  • 焼き物は、本店のみの提供のようです。

オススメの会津ラーメン店

オススメの会津ラーメン店はコチラ↓