現在サイト改修中

【爆速】タルコフのマッチングを速くするVPN【EFT】

今回は、人気ゲーム「Escape from Tarkov (タルコフ)」のマッチングを速くするために使えるVPNを紹介していきます

おすすめのVPN

  • Millen VPN:1番おすすめ!日本企業が運営するVPN。日本語完全対応
  • NordVPN:速度とセキュリティを両立したVPN
  • Surfshark VPN:コスパの良さとサービス品質の高さを兼ね備えたVPN
  • ExpressVPN:サーバー設置国数トップ。利用者が多い

主要なVPNの特徴、VPNの選び方、VPNの比較については以下の記事で詳しく解説しています

あわせて読みたい
【忖度なし】2022年おすすめ有料VPNランキング【比較9社】 外国のネットサービスを使ったり、セキュリティを高めたりする際に活躍するVPN。いざ選ぶとなると種類が多く、自分に合っているのがどれか分からなくなりがちです また...
目次 (クリックして移動!)

タルコフとは?

Escape From Tarkov(エスケープ フロム タルコフ)は、ロシア発のFPSゲーム。「タリコフ」「EFT」などと呼ばれることが多いです

ゲームの舞台はノルヴィンスクという架空の地方経済特区にある「タルコフ市」。ゲームの目的はタイトルから分かるように「タルコフから逃げること」です

武器を使って、他のプレイヤーやNPCを倒しつつ、時間内にタルコフからの脱出を目指すという内容になっています

タルコフは本記事の執筆時点ではSteam等で販売されていません。正規品は公式サイトでしかダウンロードできないので注意してください

Escape From Tarkov公式サイト

VPNなしだとタルコフのマッチングが遅い

EFT JPN Wiki

通常、日本国内からタルコフのサーバーにアクセスしようとした場合、選択できるサーバーは以下の4つのみとなっています

  • Tokyo (東京)
  • HongKong (香港)
  • Singapore (シンガポール)
  • Seuol (ソウル)

一応、アジア4都市にあるサーバーを選択可能なのですが、プレーヤー数に対してサーバーが不十分らしく、マッチングがめちゃくちゃ遅いです

特に夕方から夜にかけての時間帯(ゴールデンタイム)はプレイ人数が増えるため、サーバー接続にかなりの時間がかかります。場合によっては10~20分かかることもあるようです

アクセスの集中しているサーバーを使うと、Ping値が高すぎて切断されやすくなります。その結果、装備を失うなど不利益を被ることになるので、なるべくアクセスの混雑していないサーバーを選びたいところです

本記事では、VPNを使ってサーバーの選択肢を増やす方法について解説していきます

タルコフでVPNを使うメリット

VPNとは「Virtual Private Network」の略で、インターネットなどに接続している利用者の間に仮想的なトンネルを構築し、プライベートで匿名性の高いネットワークを構築する技術のことです

VPN接続すると、インターネットの住所に相当する「IPアドレス」を上書きできます。その結果、「日本からタルコフにアクセスしていること」を隠せるので、本来日本では選択できないはずのサーバーが使えるようになるわけです

具体的には以下のサーバーが使えるようになります

  • Khabarovsk (RUS)
  • Vladivostok (RUS)
  • Seattle (USA)
  • California (USA)
  • Australia (OCE) など

VPNでIPアドレスを変えて別リージョンのサーバーに接続することで、以下のようなメリットが生まれます

マッチング時間が短くなる

タルコフでVPNを使う最大のメリットは「マッチング時間を短縮できること」です

アジアでタルコフをプレイしているユーザーは、基本的に「東京」「香港」「シンガポール」「韓国」のどれかのサーバーを使うことになります

アジア圏の中では時差がほとんどないので、どの国のユーザーも同じような時間(夕方~夜)にプレーヤー数が増えます。その結果、特定の時間帯にアジアサーバーへのアクセスが急増して、マッチングに時間がかかるようになるわけです

逆に言うと、アジアサーバーが混雑している時間帯は、高確率でヨーロッパのサーバーが空いていることになります

VPNを使えば、アジア以外のサーバーも選択できるようになるので、混雑していないサーバーでプレイすることが可能になります

チーターの影響を避けられる

タルコフのアジアサーバーにはチーターが多いと言われています。

VPNを使えばアジア以外の地域にあるサーバーも使えるようになるので、チーターの影響を避けられる可能性があります

普段とは違う国のプレイヤーと対戦できる

通常であれば、日本人はアジア圏のユーザーとしか対戦できません

しかしながら、VPNを使えばロシアやアメリカ、オーストラリアといった様々な国のサーバーを使えるようになるので、いつもとは違った国のプレーヤーと対戦することも可能です

タルコフにおすすめのVPN

ここからはタルコフにおすすめのVPNを紹介していきます。なお、VPNの中には無料で使えるものもあるのですが、セキュリティ的な欠陥があるものが多いので無料VPNは使わないほうが無難です(個人情報が抜かれる可能性があります)

MillenVPN

Millen VPN

個人的に一番おすすめなのが「Millen VPN」です

Millen VPNはレンタルサーバー「mixhost」などを運営する企業「アズポケット株式会社」が提供する国産VPNサービス。

海外のVPNサービスだと「アプリが英語表記」「サポート対応が英語」なんてこともありますが、MillenVPNは日本企業のサービスなので日本語対応が完璧です。名の知れた日本企業が運営しているため、安心感もあります

サーバー数に関しても50か国以上に1300以上設置されており、かなり多いです。これだけあれば、サーバー選択の際に困ることはないでしょう。

同時接続可能なデバイス数も平均より多い「10台」となっているため、多くの端末を持っている人にもおすすめ

安心感・サービス品質で選ぶなら日本企業が運営する「Millen VPN」を選ぶようにしましょう

Millen VPN
同時接続可能台数10台
サーバー設置国数50カ国以上
サーバー数1,300以上
接続方式IKEv2
OpenVPN
日本語対応あり
返金保証期間30日
支払い方法クレジットカード、銀行振込
対応デバイス・アプリアプリあり
Windows, mac, Android, iOS等に対応
本拠地日本
料金1ヶ月プラン:1628円/月
1年プラン:594円/月
2年プラン:396円/月
※税込み
公式サイトMillen VPN

MillenVPNの評判や使い方は以下の記事にまとめてあります

あわせて読みたい
【2022年】Millen VPNのリアルな評判【実際に使用】 今回は国内外のVPNを契約しまくっている筆者が、アズポケット株式会社が運営するVPN「Millen VPN」のメリット・デメリット、Millen VPNの評判・口コミを解説していこう...

NordVPN

世界的に人気のVPNといえば「NordVPN」です。おそらくVPNの利用者数では世界トップだと思います

「256ビットAES暗号化を採用」「ノーログポリシーあり」「本拠地をデータ保護法のないパナマに置いている」といった理由から、セキュリティ・プライバシーの面で非常に優れています

NordLynxと呼ばれる独自のプロトコルを採用しているのも特徴的。これにより、強固な暗号化と高速通信の両方を実現しています。実際、速度測定の結果ではほぼ確実に上位入りしており、1位になることも少なくないです

サーバー設置国数は62か国。後述するExpressVPNに比べると劣りますが、主要国にはサーバーがあるので、一般的な使い方であれば十分かと思います

NordVPN
同時接続可能台数6台
サーバー設置国数62カ国
サーバー数4837台
接続方式IKEv2/IPsec
OpenVPN
NordLynx (Wireguardの改良版)
日本語対応ブラウザ版はあり
アプリは日本語非対応
返金保証期間30日
支払い方法クレジットカード、PayPal、仮想通貨など
対応デバイス・アプリアプリあり
Windows, mac, Android, iOS等に対応
本拠地パナマ
料金2年プラン:380円/月
1年プラン:570円/月
1か月プラン:1380円/月
※スタンダード
※学割あり
※キャンペーン中
公式サイトNordVPN公式サイト

NordVPNの評判や使い方は以下の記事にまとめてあります

あわせて読みたい
NordVPNのリアルな評判・口コミ!【実際の使用感も】 海外のネットサービスを使ったり、セキュリティを高めたりする際に活躍する「VPN」 VPNって種類が多くて、どれを選ぶべきか悩みますよね 今回は様々なVPNサービスを利用...

Surfshark VPN

Surfshark VPNは近年利用者を急激に伸ばしているVPN。サービス開始は2018年で割と遅めにできたVPNサービスですが、すでに多くのシェアを獲得しています

Surfshark VPNの人気を支えているのは、やはり「コスパの良さ」だと思います

「サーバー数・サーバー設置国数が多い」「同時接続可能台数が無制限」といった魅力の多いサービスでありながら、2年プランは約300円/月で利用可能です

最近は円安の影響で若干高めになっていますが、それでも他社と比べると最安の部類に入ります

コスパがよくて使い勝手のいいVPNをお探しなら「Surfshark VPN」がおすすめです

Surfshark VPN
同時接続可能台数無制限
サーバー設置国数65カ国以上
サーバー数3200台以上
接続方式WireGuard
IKEv2
OpenVPN
※Shadowsocksは利用者減少により廃止
日本語対応
※一部非対応
返金保証期間30日
支払い方法クレジットカード、PayPal、仮想通貨など
対応デバイス・アプリアプリあり
Windows, mac, Android, iOS等に対応
本拠地イギリス領ヴァージン諸島
料金1ヶ月プラン:1,793円/月
1年プラン:502円/月
2年プラン:314円/月
※キャンペーン中
公式サイトSurfshark VPN公式サイト

Surfshark VPNの評判や使い方は以下の記事にまとめてあります

あわせて読みたい
【2022年最新】Surfshark VPNのリアルな評判・口コミを紹介! この記事では、近年急速に利用者数を伸ばしている「Surfshark VPN」の評判を紹介していきます 当サイトおすすめのVPN・Millen VPN:1番おすすめ!日本企業が運営するVPN...

ExpressVPN

ジオブロック解除用のVPNとしては「ExpressVPN」もオススメです。

料金が若干高いですが、サーバー速度が安定しているのでおすすめです

ExpressVPNのサーバー数は世界最多の94か国。いろんな国のサーバーを使いたいならExpressVPNを選ぶといいでしょう

↓公式サイトはコチラ(当サイトからExpressVPNの12か月プランに申し込みすると+3か月無料!)

\ 返金保証あり /

ExpressVPNの基本情報は以下の通りです

ExpressVPN
同時接続可能台数5台
サーバー設置国数94カ国
サーバー数3,000以上
接続方式OpenVPN
PPTP
L2TP/IPsec
SSTP
IKEv2
日本語対応公式サイト:日本語対応
アプリ:日本語対応
カスタマーサポート:日本語非対応
返金保証期間30日
支払い方法クレジットカード、PayPal、ビットコインなど
対応デバイス・アプリアプリあり
Windows, mac, Android, iOS等に対応
本拠地イギリス領ヴァージン諸島
料金1ヶ月プラン:12.95ドル/月
6ヶ月プラン:9.99ドル/月
12ヶ月プラン:8.32ドル/月
公式サイトExpressVPN

タルコフでVPNを使う方法

サーバーの選択肢を増やすには以下の手順でVPNを使ってください

  1. VPNで海外サーバーに接続する
  2. ランチャーからゲームを起動する
  3. タスクキルでゲーム終了
  4. ランチャーの「Change Server」をクリック
  5. サーバーの選択肢が増えたことを確認してVPNを切る

基本的には、サーバー選択の際だけVPN接続しておけばOKです。VPN接続したままプレイしてもいいのですが、一般的にVPN接続しつづけると通信速度が低下するので、サーバーが増えたことを確認したらVPNを切断したほうがいいと思います

なお、VPNの使い方については以下の記事を参考にしてください

あわせて読みたい
【2022年】Millen VPNのリアルな評判【実際に使用】 今回は国内外のVPNを契約しまくっている筆者が、アズポケット株式会社が運営するVPN「Millen VPN」のメリット・デメリット、Millen VPNの評判・口コミを解説していこう...

おすすめのVPNランキング!比較も

別の記事にて「おすすめのVPNランキング」を公開中です。VPNの選び方や比較表も掲載してあるので、是非ご覧ください

↓おすすめのVPNランキング

あわせて読みたい
【忖度なし】2022年おすすめ有料VPNランキング【比較9社】 外国のネットサービスを使ったり、セキュリティを高めたりする際に活躍するVPN。いざ選ぶとなると種類が多く、自分に合っているのがどれか分からなくなりがちです また...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次 (クリックして移動!)