現在サイト改修中

【2022年】絶対に使っていけない危険アプリ一覧【iPhone・Android】

米中対立の高まりとともに危険なアプリへの規制が激しくなっており、アプリの安全性に気遣う人が増えています

この記事では、絶対に使っていけない危険アプリと、代わりに使うべき安全なアプリを紹介していきます

※iOS(iPhone)及びAndroidアプリについて説明します

※随時追加・更新予定です

↓安全にネット接続したいならVPNを使いましょう。VPNを使えば通信を暗号化することができるので、ハッキングの被害を極限まで減らすことができます。また、VPNを使うとIPアドレス(ネット上の住所のようなもの)も書き換えることができるので、海外のWebコンテンツにアクセスできるようになります(↓詳細)

あわせて読みたい
【忖度なし】2022年おすすめ有料VPNランキング【比較9社】 外国のネットサービスを使ったり、セキュリティを高めたりする際に活躍するVPN。いざ選ぶとなると種類が多く、自分に合っているのがどれか分からなくなりがちです また...

↓Netflixでジブリ作品を見る方法

あわせて読みたい
【無料】Netflixで日本からジブリを見る方法&見れない時の対処法 「自宅でジブリ作品が観たい!!でもレンタルに行くのも面倒...」とお考えの方は多いと思います しかしながら、2022年現在、ジブリ作品を日本国内で配信しているVODは存...
目次 (クリックして移動!)

判定基準

この記事では以下の条件のいずれかを満たすものを「危険なアプリ」として列挙していきます

  1. データセンターが中国にあること
  2. 必要以上にユーザーデータを集めていること
  3. 許可なく第三者にデータを送信していること

まず1についてですが、なぜ中国にデータセンターがあると危険かというと、中国には国家情報法という法律があるから

この法律、簡単にいうと「企業が集めた情報は中国政府に全て渡さなければならない」というもの

つまり、中国企業が集めたユーザーの個人情報は中国政府にダダ漏れで、軍事転用される可能性もあるということです

たとえ中国企業が「うちはユーザーデータを外部に漏らしていません」と主張していても、この法律がある限り中国政府に個人情報が流出するのを防ぐことはできないのです

2については、アプリを利用するにあたって必要のないデータを収集するものを「危険アプリ」とみなすことにします

例えば、通常の将棋アプリにも関わらず、位置情報や端末の写真などにアクセスしていた場合、不審行為とみなし「危険アプリ」と判定します

また、ユーザーの許可なしに第三者にユーザーデータを送信しているアプリも危険アプリと判断します

あわせて読みたい
Googleの「インターネットアドレスに基づく」位置情報を消す方法 「端末の位置情報はOFFになってるのに位置情報が勝手に漏れてる!」という経験ありませんか? この記事ではGoogleの検索画面に表示される「インターネットアドレスに基...

危険アプリ一覧

では早速、危険アプリを紹介していきます

とは言っても危険なアプリは星の数ほどあるので、主要な物のみ挙げていこうと思います

Simeji(シメジ)

「Simeji」は中国の検索エンジン大手・百度(Baidu, バイドゥ)が運営する日本語入力アプリ。

アプリ名が日本語なので日本のアプリだと思っている人も多いのではないでしょうか?

このアプリ、Google Play Storeでのダウンロード数は1000万以上と多くの利用者がいるアプリですが、危険なアプリであることが明らかとなっています

過去には入力された情報を外部に送信したり、他社サービスのサーバーへ不正にアクセスしたりしていたことが判明しています

Simejiで入力したパスワード等の個人情報が漏れたら大変なことになるので絶対に使わないようにしましょう

参考(外部サイト)

バイドゥ、IMEアプリ「Simeji」で入力ログを無断送信

代替アプリ

今までSimejiを使っていた人は代わりに「flick」を使うといいでしょう

flickは日本製アプリなので、今後規制される可能性が低く、安心して使えます

flick(フリック)

flick(フリック)

IO Inc.無料posted withアプリーチ

QQ Browser

続いて紹介する危険アプリは「QQ Browser」

最近話題の中国大手IT企業・騰訊(テンセント)が運営するブラウザアプリです

ユーザーの閲覧したページや検索ワード、周辺のWi-Fiのアクセスポイント、ハードディスクのシリアル番号、Android IDなど、数えきれない量の個人情報をサーバーに送信していたことが明らかとなっています

また、運営している騰訊(テンセント)はアメリカから制裁対象として名指しされている企業です

個人情報ダダ漏れ、かつ、今後国内でも規制される可能性が高いので、使わないのが無難でしょう

他にも騰訊(テンセント)関連のアプリには、メッセンジャーアプリの「WeChat」、インドでも禁止されたゲームアプリ「PUBG」などがあります

参考(外部サイト)

中国製ブラウザがページ履歴・検索履歴・近所のWi-Fi・HDDのシリアル番号などを送信していたことが発覚

テンセントのアプリ「PUBG」をインドが禁止、中国と緊張高まる

代替アプリ

オープンソースでプライバシー重視のFirefoxがオススメです

Firefox ウェブブラウザー

Firefox ウェブブラウザー

Mozilla無料posted withアプリーチ

Zoom

テレワークの普及に伴い急速に広まったWeb会議アプリ「Zoom」

このアプリもセキュリティに懸念があり、台湾政府やドイツ外務省、Google、NASAなど世界中で使用が禁止されているんです

例えば、標準外の暗号化方式を使用しており、会議の暗号化と復号化のキーが中国北京のサーバーに転送されているのが確認されています

また、天安門事件に関わるWeb会議を閉鎖し、会議を主催した活動家グループのアカウントを勝手に停止するなど、中国政府よりの行動が目立ちます

参考(外部サイト)

Zoom、中国政府の要請で米国で開催の天安門関連Web会議を閉鎖

Zoom、台湾政府が全面禁止…ドイツ外務省やGoogleも「セキュリティの脆弱性」で使用制限

代替アプリ

企業や団体向けなら国産Web会議サービス「calling」や「V-CUBEミーティング」がオススメです

Calling(コーリング)|Web会議システム
Calling(コーリング)|Web会議システム
開発元:NEO CAREER CO., LTD.
無料
posted withアプリーチ
V-CUBE ミーティング 5
V-CUBE ミーティング 5
開発元:V-cube, Inc.
無料
posted withアプリーチ

UC Browser

「UC Browser」はGoogle Play Storeでのダウンロード数は5億以上の人気ブラウザアプリ

このアプリを普通に使っているだけで、ユーザーの閲覧したページや検索ワード、位置情報などが暗号化されることなく、外部に送信されてしまいます

非常に危険なアプリなので使っている方はすぐアンインストールしましょう

参考(外部サイト)

危険すぎる!UCブラウザはあなたの現在地を世界に送信している!

代替アプリ

先程も紹介した、オープンソースでプライバシー重視のブラウザ、Firefoxがオススメです

Firefox ウェブブラウザー

Firefox ウェブブラウザー

Mozilla無料posted withアプリーチ

CamScanner

CamScannerは中国製のスキャナーアプリ

このアプリ、世界でも利用者が多いアプリなのですが、以前マルウェアが仕込まれていて問題になりました

マルウェア発覚後、GoogleはCamScannerをすぐにPlay Storeから削除。

その後修正が加えられ、現在Play Storeで公開されているものは安全とされていますが、気になる人は使わない方がいいでしょう

参考(外部サイト)

Google Playでダウンロード数1億以上の人気アプリにマルウェア混入が発覚

代替アプリ

「Adobe Scan」など代替アプリはたくさんあります

Adobe Scan: OCR 付 スキャナーアプリ

Adobe Scan: OCR 付 スキャナーアプリ

Adobe Inc.無料posted withアプリーチ

なお、中国製のアプリについては以下の記事にまとめました

「原神」「荒野行動」「BuzzVideo」「TikTok」等の人気中国アプリの紹介のほか、中国製アプリの見分け方も合わせて説明してあります

是非ご覧ください↓

あわせて読みたい
【2022年最新】中国製アプリ一覧【見分け方も】 最近、TikTokなど中国企業が作ったアプリが規制されるかもってニュースよく聞きますよね これはアプリから個人情報が漏れ、中国政府の手に渡っているかもしれないためで...

携帯回線はどこが安全?

スマホの安全性を考える上では、アプリだけでなく「携帯回線の安全性」も考慮に入れる必要があります。

日本の携帯キャリアはドコモ、au、ソフトバンクが3大勢力となっていますが、個人的にオススメなのは「ドコモ」です

もともと国有企業だったということもあり、国産に対する意識や安全保障に関する姿勢では群を抜いていると思います。

少し古いデータですが、2019年時点でauとソフトバンクでは中国・ファーウェイの設備が基地局に使用されていたのに対し、ドコモでは中国系メーカーの設備を採用していませんでした(参考)

世界情勢の変化により、auやソフトバンクでも中国系ベンダーの排除は進んでいますが、やはり安心感があるのはドコモだと思います

また、ドコモはNECや富士通といった国内のベンダーを積極的に採用しているので、日本企業の発展にも貢献していると言えるでしょう

少し前のドコモは高いというイメージが強かったかもしれません。しかしながら、コスパ最強のプラン「ahamo」が登場したことで、ドコモがより魅力的になりました

発表当初はキャリアメールが使えなくなることがahamoの欠点とされてきましたが、ドコモとauから乗り換える場合には、継続してキャリアメールを使える手段が用意されたので心配不要です

まだahamoに変えていないという方は、ahamoへの乗り換えを検討してみてください

ahamo公式サイトで詳細を確認(今ならXperiaやiPhone等が安く買えます)

なお、ahamoは「ドコモの一部」という扱いなので、ahamoに乗り換えてからもドコモオンラインショップでスマホ・携帯が購入可能です

ahamoで利用できる通信容量は20GBですが、自宅にWiFiがある等の理由で20GBも使いきれない方もいるかもしれません

そういう方には、NTTが運営する「OCNモバイルONE」がオススメです

OCNモバイルONEなら最安の月額料金が550円なので、ahamoよりもお得に契約できます

回線契約と同時にスマホ本体を安く買うことも可能です

OCNモバイルONE公式サイトで詳細を確認

WiFi選びで困っている方にはドコモの「home5G」がオススメです

本体をコンセントに挿すだけで高速な通信環境で手に入ります。データ容量も無制限なので家族全員で使っても問題ありません

home 5Gの正規販売代理店であるアイ・ティー・エックス社のサイトで契約すれば15000円の現金がキャッシュバックされるのでオススメです

アイ・ティー・エックス社でドコモhome5Gの詳細をみる

インドで禁止されたアプリ

参考までにインドで禁止されたアプリを掲載しておきます

2020年6月

2020年6月、インド政府は59のアプリを使用禁止にしました。

禁止の理由としては「データセキュリティとプライバシーの保全に関して懸念が生じている」ためだと説明しています

上で紹介したアプリ以外にも、TikTokやBigo Liveなどの人気アプリが禁止されました

  1. TikTok
  2. Rhareit
  3. Kwai
  4. UC Browser
  5. Baidu map
  6. Shein
  7. Clash of Kings 
  8. DU battery saver
  9. Helo
  10. Likee
  11. YouCam makeup
  12. Mi Community
  13. CM Browers
  14. Virus Cleaner
  15. APUS Browser
  16. ROMWE
  17. Club Factory
  18. Newsdog
  19. Beutry Plus
  20. WeChat
  21. UC News
  22. QQ Mail
  23. Weibo
  24. Xender
  25. QQ Music
  26. QQ Newsfeed
  27. Bigo Live
  28. SelfieCity
  29. Mail Master
  30. Parallel Space
  31. Mi Video Call – Xiaomi
  32. WeSync
  33. ES File Explorer
  34. Viva Video – QU Video Inc 
  35. Meitu
  36. Vigo Video
  37. New Video Status
  38. DU Recorder
  39. Vault – Hide
  40. Cache Cleaner DU App studio
  41. DU Cleaner
  42. DU Browser
  43. Hago Play With New Friends
  44. Cam Scanner
  45. Clean Master – Cheetah Mobile
  46. Wonder Camera
  47. Photo Wonder
  48. QQ Player
  49. We Meet
  50. Sweet Selfie
  51. Baidu Translate
  52. Vmate
  53. QQ International
  54. QQ Security Center
  55. QQ Launcher
  56. U Video
  57. V fly Status Video
  58. Mobile Legends
  59. DU Privacy  

セキュリティを高めるためには

セキュリティを高める方法の一つとして、セキュリティソフトを使う方法が挙げられます

ウイルスバスターなどのセキュリティソフトを使えば、スマホにインストールされているアプリをスキャンし、安全性を確認することが可能です

オススメのセキュリティソフト・アプリにつきましては以下の記事にまとめてあります。ぜひご覧ください

あわせて読みたい
【スマホ向け】セキュリティソフトの必要性とオススメのアプリ 最近インターネットを介した犯罪が増えていますよね 自分のスマホを守り、ネット犯罪に巻き込まれないためには、しっかりと対策を講じる必要があります この記事では「...

ネット接続をより安全にするにはVPNがオススメです

VPNとは仮想的に専用の通信網を構築することで、プライベートで匿名性の高いネットワークを確立する技術のことです

また、VPNを使えばIPアドレスを変えることができるので、日本にいながら海外のサイトにアクセスしたり、中国など規制の厳しい国から日本のWebサービスを楽しんだりできます

無料WiFi使用時のセキュリティ強化にも最適です

オススメのVPNサービスについては以下の記事にまとめましたので是非ご覧ください

あわせて読みたい
【忖度なし】2022年おすすめ有料VPNランキング【比較9社】 外国のネットサービスを使ったり、セキュリティを高めたりする際に活躍するVPN。いざ選ぶとなると種類が多く、自分に合っているのがどれか分からなくなりがちです また...

おすすめの日本製アプリ・国産セキュリティソフト

この記事をご覧の皆さんの中には「安全な日本製アプリが使いたい」という方もおられると思います

使い勝手の良い国産アプリに関しては以下の記事が参考になるかと思います(外部サイト)

オススメの国産アプリ

国産セキュリティソフトについては以下の記事が詳しいです

ヤゴコロ研究所
【個人向け】おすすめの国産セキュリティソフトFFRI yaraiの特徴【二重の安心】 | ヤゴコロ研究所 ヤゴコロ研究所に訪問いただきありがとうございます。東大生ブロガーの西片(@nskt_yagokoro)です 今回は国産のセキュリティ対策ソフト「二重の安心 Powered by FFRI yarai...

安全でプライバシー重視のアプリ

別記事に安全でプライバシー重視のアプリをまとめてあります

是非ご覧ください

あわせて読みたい
【スマホアプリ】プライバシーを本気で守る方法【セキュリティ対策】 こんにちは、シンジです 今回はプライバシーを第一に考える人に最適なアプリを紹介していこうと思います http://raityo.com/chinese-app/ 【ブラウザ】 ブラウザはWebペ...
あわせて読みたい
【2022年】Millen VPNのリアルな評判【実際に使用】 今回は国内外のVPNを契約しまくっている筆者が、アズポケット株式会社が運営するVPN「Millen VPN」のメリット・デメリット、Millen VPNの評判・口コミを解説していこう...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次 (クリックして移動!)