クイズ・雑学

【全30問】日本の文学作品・名作の「書き出し」クイズ【小説など】イントロ

こんにちは、シンジ(@shinzi_quiz)です

今回は「~~~という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?」という形式のクイズを30問出題したいと思います

目次(クリックして移動)

問題1〜10

問題1:「親譲りの無鉄砲で子供の頃から損ばかりしている。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え1:坊ちゃん(夏目漱石)

問題2:「どっどど どどうど どどうど どどう」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え2:風の又三郎(宮沢賢治)

問題3:「私は、その男の写真を三葉、見たことがある。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え3:人間失格(太宰治)

問題4:「えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え4:檸檬(梶井基次郎)

問題5:「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え5:方丈記(鴨長明)

問題6:「ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを・・・」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え6:蜘蛛の糸(芥川龍之介)

問題7:「ではみなさんは、そういうふうに川だと言いわれたり、乳の流れたあとだと言いわれたりしていた、このぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え7:銀河鉄道の夜(宮沢賢治)

問題8:「お前たちが大きくなって、一人前の人間に育ち上った時・・・」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え8:小さき者へ(有島武郎)

問題9:「男もすなる、日記といふものを、女もしてみむとて、するなり」という書き出しで始まる紀行文は何でしょう?

        
答え9:土佐日記(紀貫之)

問題10:「石炭をば早や積み果てつ。中等室の卓つくゑのほとりはいと静にて、熾熱燈の光の晴れがましきも徒いたづらなり。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え10:舞姫(森鴎外)

問題11〜20

問題11:「私はこれから、あまり世間に類例がないだろうと思われる私達夫婦の間柄に就いて、出来るだけ正直に、ざっくばらんに、有りのままの事実を書いて見ようと思います。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え11:痴人の愛(谷崎潤一郎)

問題12:「おい地獄さ行ぐだで!」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え12:蟹工船(小林多喜二)

問題13:「つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え13:徒然草(兼好法師[吉田兼好])

問題14:「隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連ね・・・」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え14:山月記(中島敦)

問題15:「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる 雲のほそくたなびきたる。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え15:枕草子(清少納言)

問題16:「私はその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え16:こころ(夏目漱石)

問題17:「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え17:雪国(川端康成)

問題18:「永いあいだ、私は自分が生れたときの光景を見たことがあると言い張っていた。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え18:仮面の告白(三島由紀夫)

問題19:「廻れば大門の見かへり柳いと長けれど、お歯ぐろ溝に燈火うつる三階の騒ぎも手に取る如く。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え19:たけくらべ(樋口一葉)

問題20:「蓮華寺では下宿を兼ねた。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?

        
答え20:破戒(島崎藤村)

問題21〜30

問題21:「…………ブウウ――――――ンンン――――――ンンンン………………。」という一文で始まる文学作品は何でしょう?
      
答え21:ドグラ・マグラ(夢野久作)

問題22:「こんな夢を見た。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?
      
答え22:夢十夜(夏目漱石)

問題23:「文壇の、或る老体家が亡くなって、その告別式の終り頃から、雨が降りはじめた。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?
      
答え23:グッド・バイ(太宰治)

問題24:「四里の道は長かった。」という一文で始まる文学作品は何でしょう?
      
答え24:田舎教師(田山花袋)

問題25:「千早振る神無月ももはや跡二日の余波となった二十八日の午後三時頃に」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?
      
答え25:浮雲(二葉亭四迷)

問題26:「これはある精神病院の患者-第二十三号がだれにでもしゃべる話である。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?
      
答え26:河童(芥川龍之介)

問題27:「おい木村さん信さん寄っておいでよ」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?
      
答え27:にごりえ(樋口一葉)

題28:「朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、「あ」と幽かすかな叫び声をお挙げになった。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?
      
答え28:斜陽(太宰治)

問題29:「この数年来、小畠村の閑間重松は姪の矢須子のことで心に負担を感じて来た。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?
      
答え29:黒い雨(井伏鱒二)

問題30:「誰か慌ただしく門前を馳けて行く足音がした時、代助の頭の中には、大きな俎下駄が空から、ぶら下さがっていた。」という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?
      
答え30:それから(夏目漱石)

続きはコチラ↓

クイズ関連の人気記事・注目記事はコチラ↓