クイズ・雑学

日本の文学作品・名作の書き出しクイズPart2

こんにちは、シンジ(@shinzi_quiz)です

前回に引き続き「~~~という書き出しで始まる文学作品は何でしょう?」という形式のクイズを10問用意しました

問題1:『山の手線の電車に跳飛ばされて怪我をした、』という書き出しで始まる日本の文学作品は何でしょう?
      
答え1:城の崎にて(志賀直哉)

問題2:『石炭をば早や積み果てつ。』という書き出しで始まる日本の文学作品は何でしょう?
      
答え2:舞姫(森鴎外)

問題3:『「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。』という書き出しで始まる日本の文学作品は何でしょう?
      
答え3:学問のすゝめ(福沢諭吉)

問題4:『男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。』という書き出しで始まる日本の文学作品は何でしょう?
      
答え4:土佐日記(紀貫之)

問題5:『廻れば大門の見返り柳いと長けれど、……』という書き出しで始まる日本の文学作品は何でしょう?
      
答え5:たけくらべ(樋口一葉)

問題6:『半年のうちに世相は変った。』という書き出しで始まる日本の文学作品は何でしょう?
      
答え6:堕落論(坂口安吾)

問題7:『メロスは激怒した。』という書き出しで始まる日本の文学作品は何でしょう?
      
答え7:走れメロス(太宰治)

問題8:『こんな夢を見た。』という書き出しで始まる日本の文学作品は何でしょう?
      
答え8:夢十夜(夏目漱石)

問題9:『けふのうちに とほくへいつてしまふわたくしのいもうとよ』で始まる詩は何でしょう?という書き出しで始まる日本の文学作品は何でしょう?
      
答え9:永訣の朝(宮沢賢治)

問題10:『二人の若い紳士が、すっかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴかぴかする鉄砲をかついで、白熊のような犬を二疋つれて、だいぶ山奥の、木の葉のかさかさしたとこを、こんなことを云いながら、あるいておりました。』
      
答え10:注文の多い料理店(宮沢賢治)

前回記事はコチラ↓