現在サイト改修中

【地域制限】ジオブロックを回避・解除する方法【違法?】

今回はインターネットにおける地域制限(ジオブロック)を解除・回避する方法を紹介していきます

「ジオブロックは違法なのか」「ジオブロックに適したVPNはどれか」についても解説していくので、ぜひ最後までご覧ください

おすすめのVPN

  • Millen VPN:1番おすすめ!日本企業が運営するVPN。日本語完全対応
  • NordVPN:速度とセキュリティを両立したVPN
  • Surfshark VPN:コスパの良さとサービス品質の高さを兼ね備えたVPN
  • ExpressVPN:サーバー設置国数トップ。利用者が多い

主要なVPNの特徴、VPNの選び方、VPNの比較については以下の記事で詳しく解説しています

あわせて読みたい
【忖度なし】2022年おすすめ有料VPNランキング【比較9社】 外国のネットサービスを使ったり、セキュリティを高めたりする際に活躍するVPN。いざ選ぶとなると種類が多く、自分に合っているのがどれか分からなくなりがちです また...
目次 (クリックして移動!)

ジオブロック(地域制限)とは?

ジオブロックとは「Geo-block」のことで、日本語に訳すと「地域制限」という意味になります。「ジオブロッキング」「おま国(お前の国には見せない)」と呼ばれることも多いです

主にインターネット関連で使われる用語で「ユーザーの所在地に応じてWebコンテンツへのアクセスを制限すること」を指します

たとえば、アメリカのWebサービスが日本を対象としてジオブロックしている場合、基本的には日本国内からそのWebサービスにアクセスできなくなります

ネットを使っている際に以下のような表示を見かけたことがあるかもしれません

  • お住いの地域ではご利用できません(This video is not available in your location)
  • このコンテンツはあなたの国ではご利用いただけません。
  • お住まいの地域・国からは視聴することができません。
  • この動画は、お住まいの国では公開されていません。

これらのメッセージはすべてジオブロッキングされている場合に表示されるもの。

身近な例でいうと、日本版のNetflixでジブリ作品を見ようとすると、ジオブロッキングによって視聴が制限されてしまいます(そもそも検索結果に表示されないこともあります)

関連記事:Netflixで日本国内からジブリ作品を見る方法

ジオブロッキングはNetflixやYouTubeといった動画配信サービスだけでなく、LINE、Yahoo!検索、メルカリといった様々なサービスで導入されています

本記事では、これらのジオブロックを解除する方法を紹介していきます

なぜジオブロックをしている?

ジオブロックを解除する方法を解説する前に、なぜジオブロックが導入されるのかについて説明しておきます

Webサービスがジオブロッキングをする理由はいくつかありますが、以下が代表的です

  • 特定の地域でコンテンツを配信する権利を得られないため
  • 海外からのハッキングを防ぐため
  • 法律・規則に対応するのが困難なため

コンテンツの配信権がないため

一番多いのが「特定の地域でコンテンツを配信する権利を得られないため」です。

たとえば、ドイツ版のNetflixではハリーポッターが視聴できるのに対し、アメリカ版のNetflixではハリーポッターが視聴できません。これはアメリカ国内でハリーポッターを配信する権利を、Huluなどの他社サービスが独占的に握っているためです

そのため、Netflixはアメリカのユーザーにハリーポッターを配信したくても配信できないということになります

↓関連記事

あわせて読みたい
【無料】Netflixでハリーポッターを見る方法【VPNなど】 今回はNetflixで日本国内からハリーポッターを見る方法を画像付きで解説していきます 当サイトおすすめのVPN・Millen VPN:1番おすすめ!日本企業が運営するVPN。サポー...

ハッキングのリスクを減らすため

ジオブロックを導入する理由としてはセキュリティ上の理由もあります。

日本のサービスの場合、海外からのハッキング(クラッキング)を恐れて日本以外の地域をすべてジオブロックの対象とすることがあるようです。日本人向けのWebサイトを運営している場合、わざわざ海外向けにサイトを公開するメリットはあまりないので、海外のIPアドレスを遮断するのは理に適っているといえます

ただ、このパターンの場合、ユーザーは悪くないのに一方的にアクセスを遮断されてしまうので、正規のユーザー(海外在住の日本人など)からしたら迷惑な話ですよね

規制が厳しく、採算に合わないため

そのほか、Webサービス側が「海外の法律・規制に対応するのが面倒になった」などの理由でジオブロックを導入するケースもあります

2022年にEU区域内からYahoo! JAPANへのアクセスが規制されたのですが、これは「EUのデータ保護法が厳しすぎるため、コストに見合わない(儲からない)から」だと言われています(参考:日本経済新聞)

こんな感じで、割とWebサービス側の勝手な理由でいきなりアクセスできなくなる場合もあります

ジオブロックを解除する方法・解除する原理

前置きがかなり長くなりましたが、ジオブロックを解除する方法を紹介していきます

ジオブロッキングを解除する方法としては以下の4種類が代表的です

  • VPNを使う
  • Torを使う
  • スマートDNS・DNSチェンジャーを使う
  • プロキシサーバーを使う

どの方法でもジオブロックを解除できるのですが、セキュリティの観点からVPNを使うのがおすすめです。他の方法だと情報が漏洩するなどセキュリティ的なリスクを伴うので避けましょう

VPNを使うとジオブロッキングを安全に解除できるのですが「そもそもVPNって何?」という人が多いと思うので軽く解説。

VPNとは「Virtual Private Network」の略で、インターネットなどに接続している利用者の間に仮想的なトンネルを構築し、プライベートで匿名性の高いネットワークを構築する技術のことです

普通の通信だと「ユーザー」→「Webサービス」と接続されるので、Webサービス側からユーザーのIPアドレス(ネット上の住所)が丸見えになってしまいます

一方、VPNを使う場合、「ユーザー」→「VPNサーバー」→「Webサービス」と接続されるので、Webサービス側から見るとユーザーではなくVPNサーバーが接続してきたように見えるわです

つまり、海外のWebサーバーを経由してWebサービスにアクセスすれば、ネット上の住所を上書きできるということになります

これがVPNを使ってジオブロックを解除できる理由です

ジオブロックの解除におすすめのVPN

ジオブロックの解除にはVPNがおすすめと言いましたが、実はVPNなら何でもジオブロックできるわけではなく、ジオブロックに強いVPNというものがあります

ここからはジオブロックに適したVPNサービスを紹介していきます。

なお、VPN選びのポイントやジオブロックを解除できない時の対処法については後述しているので、併せてご覧ください

  • Millen VPN:1番おすすめ!日本企業が運営するVPN。日本語完全対応
  • NordVPN:速度とセキュリティを両立したVPN
  • Surfshark VPN:コスパの良さとサービス品質の高さを兼ね備えたVPN
  • ExpressVPN:サーバー設置国数トップ。利用者が多い

MillenVPN

Millen VPN

個人的に一番おすすめなのが「Millen VPN」です

Millen VPNはレンタルサーバー「mixhost」などを運営する企業「アズポケット株式会社」が提供する国産VPNサービス。

海外のVPNサービスだと「アプリが英語表記」「サポート対応が英語」なんてこともありますが、MillenVPNは日本企業のサービスなので日本語対応が完璧です。名の知れた日本企業が運営しているため、安心感もあります

サーバー数に関しても50か国以上に1300以上設置されており、かなり多いです。これだけあれば、ジオブロックの際に困ることはないでしょう。

同時接続可能なデバイス数も平均より多い「10台」となっているため、多くの端末を持っている人にもおすすめ

安心感・サービス品質で選ぶなら日本企業が運営する「Millen VPN」を選ぶようにしましょう

ジオブロックの解除が可能な動画配信サービス(VOD)とサーバーの所在地については公式サイトでご確認ください

Millen VPN
同時接続可能台数10台
サーバー設置国数50カ国以上
サーバー数1,300以上
接続方式IKEv2
OpenVPN
日本語対応あり
返金保証期間30日
支払い方法クレジットカード、銀行振込
対応デバイス・アプリアプリあり
Windows, mac, Android, iOS等に対応
本拠地日本
料金1ヶ月プラン:1628円/月
1年プラン:594円/月
2年プラン:396円/月
※税込み
公式サイトMillen VPN

MillenVPNの評判や使い方は以下の記事にまとめてあります

あわせて読みたい
【2022年】Millen VPNのリアルな評判【実際に使用】 今回は国内外のVPNを契約しまくっている筆者が、アズポケット株式会社が運営するVPN「Millen VPN」のメリット・デメリット、Millen VPNの評判・口コミを解説していこう...

NordVPN

世界的に人気のVPNといえば「NordVPN」です。おそらくVPNの利用者数では世界トップだと思います

「256ビットAES暗号化を採用」「ノーログポリシーあり」「本拠地をデータ保護法のないパナマに置いている」といった理由から、セキュリティ・プライバシーの面で非常に優れています

NordLynxと呼ばれる独自のプロトコルを採用しているのも特徴的。これにより、強固な暗号化と高速通信の両方を実現しています。実際、速度測定の結果ではほぼ確実に上位入りしており、1位になることも少なくないです

ジオブロックを解除して動画配信サービスを視聴する場合、通信速度は重要になってくると思うので、速度重視の方にはNordVPNがおすすめです

サーバー設置国数は62か国。後述するExpressVPNに比べると劣りますが、主要国にはサーバーがあるので、一般的な使い方であれば十分かと思います

NordVPN
同時接続可能台数6台
サーバー設置国数62カ国
サーバー数4837台
接続方式IKEv2/IPsec
OpenVPN
NordLynx (Wireguardの改良版)
日本語対応ブラウザ版はあり
アプリは日本語非対応
返金保証期間30日
支払い方法クレジットカード、PayPal、仮想通貨など
対応デバイス・アプリアプリあり
Windows, mac, Android, iOS等に対応
本拠地パナマ
料金2年プラン:380円/月
1年プラン:570円/月
1か月プラン:1380円/月
※スタンダード
※学割あり
※キャンペーン中
公式サイトNordVPN公式サイト

NordVPNの評判や使い方は以下の記事にまとめてあります

あわせて読みたい
NordVPNのリアルな評判・口コミ!【実際の使用感も】 海外のネットサービスを使ったり、セキュリティを高めたりする際に活躍する「VPN」 VPNって種類が多くて、どれを選ぶべきか悩みますよね 今回は様々なVPNサービスを利用...

Surfshark VPN

Surfshark VPNは近年利用者を急激に伸ばしているVPN。サービス開始は2018年で割と遅めにできたVPNサービスですが、すでに多くのシェアを獲得しています

Surfshark VPNの人気を支えているのは、やはり「コスパの良さ」だと思います

「サーバー数・サーバー設置国数が多い」「同時接続可能台数が無制限」といった魅力の多いサービスでありながら、2年プランは約300円/月で利用可能です

最近は円安の影響で若干高めになっていますが、それでも他社と比べると最安の部類に入ります

コスパがよくて使い勝手のいいVPNをお探しなら「Surfshark VPN」がおすすめです

Surfshark VPN
同時接続可能台数無制限
サーバー設置国数65カ国以上
サーバー数3200台以上
接続方式WireGuard
IKEv2
OpenVPN
※Shadowsocksは利用者減少により廃止
日本語対応
※一部非対応
返金保証期間30日
支払い方法クレジットカード、PayPal、仮想通貨など
対応デバイス・アプリアプリあり
Windows, mac, Android, iOS等に対応
本拠地イギリス領ヴァージン諸島
料金1ヶ月プラン:1,793円/月
1年プラン:502円/月
2年プラン:314円/月
※キャンペーン中
公式サイトSurfshark VPN公式サイト

Surfshark VPNの評判や使い方は以下の記事にまとめてあります

あわせて読みたい
【2022年最新】Surfshark VPNのリアルな評判・口コミを紹介! この記事では、近年急速に利用者数を伸ばしている「Surfshark VPN」の評判を紹介していきます 当サイトおすすめのVPN・Millen VPN:1番おすすめ!日本企業が運営するVPN...

ExpressVPN

ジオブロック解除用のVPNとしては「ExpressVPN」もオススメです。

先ほど説明したように、VPNはユーザーとWebサービス間の通信において海外のサーバーを経由することで、ジオブロックを解除するという仕組みになっています

つまり、VPNサーバーがいろんな国に置いてあれば、それだけアクセスできるWebサービスの幅が広がるということになります

ExpressVPNのサーバー数は世界最多の94か国。いろんな国のサーバーを使ってジオブロックを回避したいならExpressVPNがおすすめです

↓公式サイトはコチラ(当サイトからExpressVPNの12か月プランに申し込みすると+3か月無料!)

\ 返金保証あり /

ExpressVPNの基本情報は以下の通りです

ExpressVPN
同時接続可能台数5台
サーバー設置国数94カ国
サーバー数3,000以上
接続方式OpenVPN
PPTP
L2TP/IPsec
SSTP
IKEv2
日本語対応公式サイト:日本語対応
アプリ:日本語対応
カスタマーサポート:日本語非対応
返金保証期間30日
支払い方法クレジットカード、PayPal、ビットコインなど
対応デバイス・アプリアプリあり
Windows, mac, Android, iOS等に対応
本拠地イギリス領ヴァージン諸島
料金1ヶ月プラン:12.95ドル/月
6ヶ月プラン:9.99ドル/月
12ヶ月プラン:8.32ドル/月
公式サイトExpressVPN

ジオブロック解除用VPNの選び方

サーバー設置国の数

ジオブロック回避用のVPNを選ぶ際に重要になってくるのが「サーバー設置国数」です

VPNにおいては「サーバーがある」=「その国のWebサービスにアクセスできる」なので、サーバーの所在地は超重要になってきます

今回紹介したVPNの中では「ExpressVPN」が圧倒的ですが、重要なのは「自分の接続したい地域にサーバーがあるかどうか」です

たとえば、アメリカのWebサービスでジオブロックを解除したい場合、アメリカのサーバーを選ぶ必要があります(逆に言えばアメリカ以外のサーバーが必要ありません)

各VPNの公式サイトでサーバーの所在地を確認できるので、まずは公式サイトにアクセスしてみてください

  • Millen VPN:1番おすすめ!日本企業が運営するVPN。日本語完全対応
  • NordVPN:速度とセキュリティを両立したVPN
  • Surfshark VPN:コスパの良さとサービス品質の高さを兼ね備えたVPN
  • ExpressVPN:サーバー設置国数トップ。利用者が多い

対応しているWebサービスの種類

Millen VPN公式サイト

ジオブロック用にVPNを選ぶのであれば「対応しているWebサービス」も確認しておく必要があります

Webサービスによっては、VPNサーバーからの接続を規制している場合があるため、「Netflixは視聴できるけどAmazonプライムビデオはダメだった」なんてこともあります

自分のアクセスしたいWebサービスでジオブロックを解除できるか事前に確認しておくといいでしょう

Millen VPNの公式サイトでは視聴可能な動画配信サービスが記載されているのでチェックしてみてください

Millen VPN公式サイト

ジオブロックの解除は違法?合法?

VPNは日本を含む世界中で合法です。VPNを使ったからといって捕まることはありません

ただし、北朝鮮のような一部の国家ではVPNの利用を禁止・制限しているケースがあるので、外国にお住まいの場合には事前に確認しておくといいでしょう

また、日本でVPNを使う場合であってもVPNを悪用した場合には違法とみなされる場合もあります。

たとえば、VPN接続した状態で著作権法で保護されたファイルをアップロードしたり、ダークウェブにアクセスして法律で禁じられた取引をしたりすると違法になります

あわせて読みたい
【2022年】中国で使えるおすすめVPN10選【繋がらない時は?】 今回は実際に中国で利用したユーザーの声も交えながら、中国国内での利用におすすめのVPNを紹介していこうと思います 「つながらなくなった時の対処法」や「中国向けVPN...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次 (クリックして移動!)